良質な睡眠は健康を維持|外反母趾は放置するとどんどん悪化する|専用の靴で症状緩和

外反母趾は放置するとどんどん悪化する|専用の靴で症状緩和

良質な睡眠は健康を維持

ベッド

適度な硬さが腰痛を予防

現代はストレス社会とも言われ、毎日の仕事等に追われ、精神的にも肉体的にも常に疲労を感じている方々が多い時代です。そんな疲労感を少しでも和らげてくれるのが良質な睡眠と言われています。しかし、ただ布団で寝ると言っても、朝起きた時には疲れが取れてスッキリしているかと問われれば必ずしもそうではないのが現状ではないでしょうか。それではどうしたら疲れが取れるような、良質な睡眠を摂ることができるのでしょうか。それは寝具にあるようです。特にマットレスや寝具にあると言われ、マットレスの中には高反発マットレスというものがあります。これは、硬いか柔らかいかと言えば硬いマットレスです。高反発マットレスは、体が沈みこまずに支える力が強いために腰痛を予防してくれます。

寝返りが打ちやすい

また、人間は睡眠中、一晩に20回から30回程の寝返りを打つのが普通です。寝返りを打つことによって、睡眠中の圧迫された血液や体液を循環させて良質な睡眠へと導いてくれます。マットレスが柔らかすぎると体が沈み込み、なかなか寝返りを打つのも容易ではありません。寝ている最中のことですのでなかなか寝返りの疲労感は感じることはないのかも知れませんが、これらが積もり積もって起床時の疲労感に繋がってしまうのです。これが高反発マットレスの場合ですと、押されて圧迫されたマットレス自体の反発力が強いために寝返りが打ちやすくなり、起床時に疲労感を残すことなく、良質な睡眠を摂れるということに繋がるのです。硬すぎてもいけませんが適度な硬さが必要なのです。高反発マットレスにもいろいろありますが、購入の際は実際に横になってみて選ぶのがいいでしょう。